IL型。

この記事は約1分で読めます。

妻経由で最新型エアコンを安くゲットできるということで、すべての基本である快適な睡眠を得るために寝室に導入することにした。
家を建てるときにエアコンの事を考えて、寝室は西側の壁の上の方にコンセントを配置したんだけど、
Consent_old (西側)
そこにエアコンを設置するためには長い配管で1階に室外機を設置しないとダメで、そうなると工事も大がかりだし外壁に長く配管が這うし、そもそもそこには暖房用の灯油タンクがあってさらに配管を曲げないと設置できない。
実は最初から西側にはエアコンを設置できない設計だったということ・・・
南側はバルコニーに室外機を置けるから工事も外観も問題なしなんだけど、今度はコンセントの位置が問題で、工務店に問い合わせてみたらエアコン用に増設できるということで問題解決。
今日は西側のコンセントを廃止、その配線を延長して南側に20AのIL型のコンセントを新設する工事をしてもらった。
Consent_new
(南側)
Consent(IL型)
導入予定のエアコンは10畳用だけど、最新型だから20Aじゃないとダメみたいだし、これ以上になると今度は200Vのコンセントを用意しないとダメっぽいから、これから新築を考えている人でエアコンを後付けにする人は考えておいた方がいいかも。
来週後半にはエアコン設置の予定。

  1. レンタロウ より:

    おぉ、快適な生活にまっしぐらですね。
    私は寝るときはエアコンだめなんですよ。いままでことごとく風邪ひいたり喉ガラガラになったりしてる。
    従って暑い夜はもっぱら扇風機のベビー風。

  2. ポケット より:

    1階は窓を開けておけばかなり涼しいんですけど、2階は昼間の熱がこもったまま抜けないんですよ。
    それからこの辺りは休日でもご近所の朝が早くて、窓を開けたまま寝ると目覚まし時計いらずなのです(笑)
    設置直後はうれしくてガンガンに利かせたりして、カゼをひかないように気をつけないといけませんな。

タイトルとURLをコピーしました