Mercedes-Benz Mixed Tape Green Tones

この記事は約1分で読めます。

Mixed_tape_green_tones

ジュネーブモーターショーにあわせてリリースされた「Mercedes-Benz Mixed Tape 31」はGreen Tonesというタイトルが付いていて、ジャケットも今までのメルセデスが写ったものとは違うイメージ。内容はリズムオリエンテッドというのかスパイシーというのか、全体的にポップで結構好きな雰囲気。Mixed Tape 32は4月27日とのこと。

そしてそのジュネーブショーでは、ついにヨーロッパ勢がハイブリッドへ舵を切ったことが最大のニュース。プリウス系のハイブリッドよりもディーゼルターボの方が燃費がいいはずなんだけど、ブランドイメージ的に必要になったってことなのかなぁ。それでも、ハイブリッドを載せてきたのはフェラーリポルシェみたいな高級車メーカーが中心だから、やっぱりある程度のサイズと値段の車じゃないと難しいのかもしれない。

個人的に興味があるのは新型ポロGTIと、日産の新型マーチくらいかなぁ。マーチはヨーロッパ市場を意識して、今までより力強いデザインにしたとのことだけど、どこかで見た感じがする。効率の良くない排気量のエンジンで走る軽自動車という日本国内の独自規格をなんとかしないと、携帯電話や薄型テレビと同じように自動車もダメになってしまうんじゃないかと、ちょっと不安になるジュネーブショーであった。

  1. Rentaro より:

    DLした30を解凍して聴くこともなく31をDLしました。…orz
    余裕が無いと音楽も聴けないですね。
    うーん、これじゃいかんなぁ。

  2. ポケット より:

    Rentaroさん。
    ご無沙汰しております。
    なんだかんだでもう春ですねー(笑)
    働きすぎは良くないですよ。体に気をつけてほどほどにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました