ピン角。

この記事は約2分で読めます。

Domke_f_5xb_1

普段使いにDOMKEのF-5XBを購入いたしました。今までずっと、お友達からもらったオリンパスのE-510発売時のキャンペーンのノベルティーだったバッグを引きずり回していて、もうヨレヨレのドロドロだから何とかしたいなぁと、オリンパスのCBG-7を買ってみたりしたけどいまいちシックリ来なくて、結局ノベルティーに戻ってしまっていたのでありました。
Domke_f_5xb_2

前々から、ノベルティーはこれを参考にして作ったものだろうなぁと思っていたけど、実際に手にしてみると同じなのはサイズと色くらいで、その他は全然別物だった。一番の違いはフタを開けた時に、ファスナーが有るか無いか。DOMKEはYKKの大きなファスナーがあって、財布等々を一緒に入れて持ち歩く僕にとっては安心感が段違い。

カタログ上は外寸も内寸も全く同じなのに、DOMKEの方が収納力があるのは真四角(そのかわり(?)左右は緩衝材無し)なのと、中の間仕切りがひとつ多いから。ノベルティーは底が一番広くて、左右の端や上に行くに従って絞り込まれているせいで外見よりも窮屈。
Domke_f_5xb_3
Domke_f_5xb_5

ストラップは金属製の金具でしっかりと留められていて、裏側にはすべり止めのゴムのラインが2本。
Domke_f_5xb_4

唯一ノベルティーの方がいい所は背中のポケット。DOMKEはフタとつながった生地がベルトを通せる仕組みになっていて収納は無し。もしかするとフタのない入れ物は作らない主義なのかもしれない。ぼくはもう大きな一眼レフは持ってないから、すべてをこれで賄えそうな気がしてきた(笑)

タイトルとURLをコピーしました