思うところがありまして。

この記事は約1分で読めます。


ここのところオーディオに凝っていて、気持ちがカメラや写真から離れ気味。その前にカメラ…特にデジタルに飽きてしまったというか、なんかつまんないなー、と。趣味の道具は、便利になりすぎると面白くなくなってしまうのであります。そんなわけで、少々機材を整理して統合するための情報収集と、純粋に撮ることが楽しかったころを思い出して、久しぶりにカメラ関連の本を買ってみた。『F5.6』のVol.6というやつで、その昔、毎号楽しみに待っていた『CAMERA Magazine』のデジタルカメラも含む的なもの。

今のところ、

  • カメラはやっぱりレンズ!
  • レンズと素子の最適化
  • シンプル・イズ・ベスト
  • コンパクト、でもそこそこの大きさと重さ
  • モノとしての魅力
  • JPEGがきれい

というのがオレ様的キーワードかな。

 

タイトルとURLをコピーしました