斜め上。


奥さまに「こんなのが出たらしいよ。」ってメッセンジャーで送ったら、その日の夕方には装備されておりました。帰りにコンビニによったらあったとか。さすが、仕事が早い! そんなわけで「ピーヤング 春雨」でございます。「ペヤング」ではないところがアレ。

中身は麺の代わりに春雨。いわゆるペヤングシリーズと違うところは、これが袋に入っていて、1オペレーション増えているところ。んー、かやくの袋には「ペヤング」って書いてあるけどなぁ。

春雨とかやくを容器に入れたら、その後はいつもと同じようにお湯を注いで3分待つ。

湯切り後はこんな景色。彩りがよろしいです。

ソースを入れて混ぜたら完成! これが予想を裏切らない味で、素直にウマイと言えるレベル。春雨のプリプリでジャキジャキな食感をこれでもか!と楽しめる。細かいことを言えば、念入りに湯切りしたせいか、ちょっとしょっぱいかなー。宅飲みの締めなんかに何人かで分けるのがちょうど良さそう。