たこ公園。

この記事は約1分で読めます。
裏からおじゃまします

消化器を見ながらグルッと1周してきたところで、古いコンクリート製の階段を発見。登ってみたらそこは公園だった。最近ではめっきり見かけなくなった大きな遊具があるぞ! んー、これは…何だ?

これで済んでよかった

遊具が見えた瞬間にすべての注意力がそちらへ向かった結果、足がもつれてカメラをコンクリートの階段にぶつけそうになった。カメラはなんとか守りきった。が、引き換えにズボンの膝が泥だらけになった。

確かにタコだ

気を取り直して正面へ。なるほど、これはタコですね? わかります。足の数は数えられないけど、非常に良くできた形ではないでしょうか。こういうのってどこの誰が設計するのかねぇ。そして中身はどうなっているのか、興味が尽きないところ。

タコ足?
タコの口はそれでいいんだっけ?

正式名称は「宮木公園」なのかな? 子供が作ったと思われる「たこ公園」と書かれた看板がいくつかある。「ポイ捨て禁止」とか「きれいにしよう」なんていうのもあるぞ。悪いオトナがいるな。

ラクダもいるぞ

周りの木は桜のような予感がするから、春まで生きていて、かつ忘れなかったらもう1回写真を撮りに来よう。

タイトルとURLをコピーしました