ついでに混ぜる。

この記事は約2分で読めます。

なんだかんだでレコード

去年導入したCD-P650-Rの稼働率はそれほどでもなく、あれだけお熱だったネットワーク再生も最近は放置状態。今まで買って積み上げてきたCDは過去のものというのか、飽きてしまっているんだろうなー。かと言って、ストリーミングは自分で選んだにもかかわらず、誰の何ていう曲を聴いているのかが全然覚えられなくてアレ。

ダンスミュージック!

何か新しいものを仕入れようと思って考えてみる…レコードのモノラル専用カートリッジは未体験だったなー…でもフォノイコでモノラルにしちゃえば同じじゃないの? そうだ!いっそのことSPレコードの再生に挑戦するのはどうだろう? 蓄音機でかけるやつね。

アルコール洗浄しなかった面

とりあえずSPレコードを仕入れてみよう! いつものジャンクレコードコーナーにお邪魔してみると、今までは横の方にゴミ同然で挟まっていたのが、きれいに箱に整理されているではありませんか。内容も値段がどうなのかも全然わからないままに2枚ほどゲット。

アルコール洗浄した面…細かいザラザラがなくなってしまった?

帰ってきていつものようにクリーニングをしたところで、SP盤にアルコールはダメだという事を知ってうなだれる。まぁまぁ、アルコールを使ったのは1枚の片面だけだし、ダメになってしまったとしてもそれはそれで。SL-1200GRは78回転も行けるから、SP用のカートリッジと針を買ってくればとりあえず再生はできるというところまで自分を追い込んだ。

無言飲食

食後の撮影

SPレコードを手に入れて下界に降りてきたところで、最近できた「油そば専門店 歌志軒」でお昼。混雑するであろう時間を避けるために調整してきたつもりが、ほぼジャストタイムでお昼(笑) でも店先に並んでいる人はいなかったから突入。

味を変えるとかちょっとめんどくさい(笑)

客席は8割くらい埋まっている感じであった。カウンターに陣取る…前に食券を買うスタイル。いちばん普通の「油そば」を並盛で。690円。到着を待つ間壁に貼られた食べ方の説明を読む。ラー油と酢を最初にかけてからとにかく混ぜろ、と。だったら最初からラー油も酢も入れといてくれと思ってしまう人種。

スタンダードなやつ
いただきマンモス

程なくして到着。説明どおりにラー油と酢を入れて混ぜてからGO! 太めの麺が油と混ざってつるつる気持ちいい。ラー油は辛くないし酢は酸っぱくない。並盛は少ないかなー?でもお隣の人の大盛りを見ると、途中でニンニクとか入れて味を変えないと大変かもしれないと思ったりした。スープが無いから暖まらないのがこの時期には微妙かもしれないけど大変おいしゅうございました。

タイトルとURLをコピーしました