Recorded in NY, 1973.

この記事は約1分で読めます。

The_roar_of_74(クリックでAmazonにジャンプ)
ここのところaiko・木村カエラ・スガシカオばかり聴いていたけど、1ヶ月ぶりに気分がジャズ・ファンク路線に戻ってきた。
とあるブログにバディー・リッチのTHE ROAR OF ’74が紹介されていたのを友人のメールで知って、試聴してみたら「これだったのか!」と。
ちょうどAmazonのギフト券もあるし、今年最後の注文ということで久しぶりにCDを買ってみた。
THE ROAR OF ’74は、ドラムのバディー・リッチのバンドなのと、70年代(タイトルと違って実は1973年の録音)という時代のせいなのか、ビックバンドなのにそんなにスウィングはしてなくて、どちらかといえばブラスロック的な(?)タテノリの疾走感。
エレピやワウワウのギター、分厚いブラスセクションがイイ!
1曲目のNUTTVILLE(ホレス・シルバーの作!)と5曲目のTIME CHECKが聴き所かもしれないけど、個人的には3曲目BIG MACの"腰にくる"感じが好きだなぁ。
そしてこのCD、Amazonでは902円HMVでは799円!
Wooden GlassGIANTS OF THE ORGAN IN CONCERTと同じシリーズですべて1972~1973年の録音。
やっぱこの辺りかなー。

タイトルとURLをコピーしました