犬吠埼灯台。

この記事は約2分で読めます。

銚子電鉄から引き続き銚子2日目。
イルカショーや水族館のある犬吠埼マリンパークをかすめて、犬吠埼灯台へ一直線。
前日の夜とは打って変わって、人や車でいっぱい。
手作り感あふれる店舗は季節の変わり目なのか、なんとなく寂しい感じ。

入場料を払って灯台に登る。
人がやっとすれ違えるくらいの幅しかない99段の螺旋階段を上った先の、今度はひとりずつしか登り降りできないはしごみたいな階段から展望台(?)へ出てみると、地球が丸く見える!・・・ハズだったけど、かすんでいて見えず。

狭い狭い展望台をあっというまに1周してきたところで、「(写真を)撮るの?撮らないの?」と娘をしかるお父さんの声が聞こえてきた。
ちょうど出入り口の前だったから、その父娘が写真を撮るまで待ってたんだけど、写真を撮りたいお父さんのために混雑の中がんばってピースサインをしてるのに、お父さんはカメラを構えたまま「あーでもない、こーでもない」となかなかシャッターを切らないから、恥ずかしくなってポーズをとるのをやめてしまう。
そしてまた「撮るの?撮らないの?」に戻る(笑)
このピンクのワンピースの女の子は、しばらくしてから銚子電鉄の観音駅で見かけたけど、灯台の上で写真を撮ったのかどうかは結局わからずじまい。
—–
OLYMPUS E-410
ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6
ZUIKO DIGITAL ED 8mm F3.5 Fisheye
—–
FUJIFILM KLASSE S(SUPER-EBC FUJINON 38mm F2.8)
FUJICOLOR NATURA1600
EPSON GT-X750

タイトルとURLをコピーしました