西 vs 東

Art_peppr_meets_the_rhythm_section
Art_peppr_meets_the_rhythm_section


iTunesのカバーフローで懐かしいジャケットを見つけてなんとなく再生してみたら・・・こんなに良かったっけ?
「Art Pepper meets The Rhythm Section」という超有名盤で、タイトルの通りアート・ペッパー(sax)が、マイルス・デイビス・クインテットのリズムセクション———レッド・ガーランド(p)、ポール・チェンバース(b)、フィリー・ジョー・ジョーンズ(dr)と競演した作品。
1957年1月19日、LAで録音。
1曲目の「You’d Be So Nice to Come Home To」でいきなりやられてしまう(笑)
白人ながらもブルース・フィーリングを併せ持つ西海岸のサックスは、東海岸のリズムセクションと対等に渡り合っていて実にスリリングでスウィンギー。
「アート・ペッパーは当日の朝までこの録音のことを知らなかった」という有名な逸話を思い出すと、熱心にジャズを聴いていたころの感覚がよみがえる。
好録音盤としても有名だから、もうちょっと寒くなったら部屋にこもって、休眠中のオーディオでちゃんと聴き直してみようかな。