いつの間にか消えていた。

この記事は約3分で読めます。
セゾンとは…フランス語でシーズン

インターネッツがなかったころ、ぼくたちは夜になると古巣のモスバーガーに集まって話したり、お気に入りの音楽をかけながら諏訪湖の周りをドライブしたりしていた。そんな時にはるか山の上に見えたのがこのホテル・ラ・セゾン。満室になるとイルミネーションの色が変わるとか言われていたけど、本当だったんだろうか?

B館はあれど、A館の表記は見当たらない

その後、みんな結婚したりして出かけなくなったのと、今はスマートフォンにLINE等々で夜にファミレスに集合しなくてもいい時代になった。そして知らない間にイルミネーションは消えて、件の真偽は確かめられなくなっていた。

ほどほどに明るくて安心する
フロント周辺は厳重?

周りから写真を撮る程度の気持ちで来てみたら、駐車スペースくらいまでなら行けそうな感じ。落ち葉の吹き込みがあるけれど、 屋上にある携帯電話のアンテナはおそらく生きているからそれなりに管理されていると思う。そういうわけで、フロントだとかロビーだとかにはノータッチ。

結構急なスロープじゃないですか?
鍵がかかっていると思う(未確認)

横にあるスロープから2階におじゃましてみる。各階にフロントがあるような構造なのかな? 2階と思ってたら3階? イマイチよくわからないけれど、基本的に下の階と同じ構造でなにもない。

明るいところはホッとする
あそこから向こう側に行けそう

1ヶ所だけシャッターが開いているところがあった。そこから外を見てみると…B館に続く渡り廊下らしきものが見える。隣のシャッターを開ければ行けるけど、流石にそこまではしない。

正面の大きいのは病院

振り返るとそこには諏訪湖が見える。いいお天気。早く暖かくならないかなぁ。

この三角よ!

一旦建物を出て外側をぐるりとまわって元の場所に戻る。この三角形の部分がイルミネーションになっていて、諏訪湖のほとりからも見えたんだよね。

Bの館
ここから行けそう?

B館へおじゃま。B館という割にはこっちのほうが古そうな感じがするんだけど。とりあえず階段を上がる。1段1段踏み抜かないように慎重に。

階段を登ったら3階
開かないとホッとする

1階部分は給湯設備等々で2階が客室になっている模様。でも部屋番号は3から始まる。案内の横にある入口のドアはもちろん開かない。

実は帰る時の写真

サビサビの階段をなんとか登りきって、さっきのシャッターの対面に到着。階段で緊張しまくったからここまでの写真がない。ドアが開いてるけど、中に誰かいたりしないよねぇ。

よりよってここで電話がくるとは

おじゃましまーす!って入ったところで、携帯電話が鳴ってビビりまくる。オーディオショップからアンプの修理が終わったという連絡だった。めったに電話なんてかかってこないのに、こんな時に限って(笑)

まだまだ冬の日差し
これは後から持ち込まれたものかもなー

手前の暗い部屋はとりあえずスルーして日当たりのいいところへGO! カウンターに置かれたサントリーのウィスキーが出迎えてくれた。兎年のラベル…いつのだろうか?

電信柱が見える

「開けると、諏訪湖が見えます」いや、もう開いてるけどね。あなたが諏訪湖を覗く時、諏訪湖もまたあなたを覗いているのです。いい天気で良かった。

このスピーカー欲しい(笑)

部屋はこんな感じ。右奥が入ってきたところ。左側のカウンター裏にもうひとつベッドがあって、右側が浴室。天井の大きなスピーカーとか、写真には写ってないけどブラウン管のテレビとか、ちょっと前の普通が残されておりました。

右の階段はどういうこと?

さぁさぁ、アンプを引き取りに行かないといけないから急いで撤収。今思えばもうちょっと細かいものを撮ってくればよかったな、と。登る時に緊張した階段をまたまた緊張しながら降りる。

おじゃましました

脱出成功。ラブホテルの廃墟なんてインターネッツに溢れていて、今さら何やってんだろうなとか思ったことはナイショにしておいてくれ。

ある日の諏訪湖

タイトルとURLをコピーしました