今が旬。

この記事は約1分で読めます。

Hajimarinouta

いきものがかりの新しいアルバム「ハジマリノウタ」。レンタルが始まるまでのんびり待っていたら「ぜひ聴いて欲しい」と貸してくれる人が出現。持つべきものは友達&後輩ですなぁ(笑)

全体の印象は今までと変わらないものの、一皮むけた感じもする。この嫌みのないさわやかさはカーペンターズに通じるものがある、と言ったら褒めすぎだろうか? ちょっと小耳に挟んだ話によると、後半はインディーズ時代の曲が中心だとか。確かに前半のシングル曲満載な流れに比べると、似たような雰囲気の曲が多いような気がするけど、これだけハイペースでリリースしてるんだからある程度は仕方がないかな。

個人的には「ハジマリノウタ ~遠い空澄んで~」や「なくもんか」辺り、ひたすら前向きな感じに心の底から共感できない自分の老いを感じつつも(笑)、その懐かしい感情に浸りたくて繰り返し聴いてしまう。ポッキーのCMで使われてる「じょいふる」(注:音が出ます)はアルバムの中で聴くと案外目立たないなー。男性陣のボーカルがフィーチャーされた「てのひらの音」はもうちょっと声を前に出して欲しかったのと、ジャケットのありふれ感など。

なにはともあれ、これからのお別れと新しいスタートへの季節に向けたオススメの1枚。

タイトルとURLをコピーしました