KLASSE DIGITAL?

この記事は約2分で読めます。

ちょっと前にうわさがあった、富士フイルムのマイクロフォーサーズへの参入の話。その正体は今日海外で開発が発表された「FinePix X100」だったって事なんだろうなぁ。フジノンレンズをマイクロフォーサーズで使える日が来るかと思ってたから、ちょっと残念ではあるんだけど、そんなことはどうでも良くなるくらい魅力的なカメラ。
X100

見た目が往年のレンジファインダーを思わせるスタイルで、富士フイルム独特の野暮ったさも健在(笑) 絞りは鏡筒の根本にあるリングで、シャッター速度と露出補正はそれぞれ独立したダイヤルで操作できるようになってるみたい。
X100_finder

ファインダーは光学式とEVFの切り替え式で、光学式のモードではブライトフレームを液晶パネルで表示して重ねるようになっているとのこと。EVFモードでもいったんプリズムを経由するから見え方がどうなるのか興味があるところ。
X100_mtf

レンズは23mm(換算35mm)のF2。個人的には換算40mmくらいが好きだけど、単焦点でレンズ交換ができないから、このくらいがちょうどいいかも。MTFを見るかぎりでは、解放からそこそこシャープに写りそう。F4まで絞ればもう大丈夫。NDフィルター内蔵&10cmまで寄れるというのも良さげ。
X100_sensor

撮像素子はフォーサーズよりも大きなAPS-Cで、固定式で単焦点のレンズに最適化されているらしい。AFについては特に説明がないけど、F300EXRに載ってる位相差AFが搭載されていたら嬉しいなぁ。PENのコントラストAFは暗いところだとなかなかピントが合わない。
X100_sample
(画像はすべてクリックで拡大)
発売は来年の前半の予定とのことだけど、お値段はいくらになるのかなぁ…12万円くらいは余裕でいってしまいそうな気がする。KLASSE Sユーザーとしては、待ちに待ったKLASSE DIGITALって事でぜひ手に入れたいんだけど…

<9月21日追記>
世界初!光学ファインダーのクリアな視野と電子ビューファインダーの多彩な情報表示を両立
「ハイブリッドビューファインダー」搭載で、狙いどおりのフレーミングが楽しめる
デジタルカメラ「FinePix X100」
APS-C CMOSセンサーと高性能単焦点レンズの組み合わせでプレミアムな高画質を実現
新開発

http://www.fujifilm.co.jp/corporate/news/articleffnr_0445.html

  1. いいなぁこれ。
    私も欲しくなりました。
    で、オプションで革のケースなんかあったりすると、もっと欲しくなるのですが(笑)

  2. ポケット より:

    ソニック@azusa351さん、コメントありがとうございます。
    クラシカルなデザインのカメラには、アクセサリーもたくさん出ると思います。が、どうやらこのカメラ、12~15万円という話みたいですよ~(;^ω^)

タイトルとURLをコピーしました