入庫日はいつも雨。

この記事は約2分で読めます。


12ヶ月点検にデミオをディーラーに持って行く。フォルクスワーゲン・ポロ(6R)から乗り換えて2年。走行距離は15,853km。全然走ってないなー。せっかくディーゼルエンジンを選んだのにもったいない。


テールパイプはこんな感じ。若干黒いものが見えるような気がするけれどディーゼルエンジンとしては驚異的なきれいさ? ポロなんかガソリンエンジンだったのにススで真っ黒だった。ディーラーに到着して入庫の手続き。お!どうやら今回は”ちゃんとした代車”を出してくれるらしい。今までは軽の箱バンばっかだったのに、何か変わったのかな?


その代車は走行距離ひと桁のバリバリ新車のデミオ。これがさー、会社まで戻る道をちょっと運転しただけでその進化ぶりにショックを受けた。クルマが曲がる時の回転の中心が細く感じるというのか、フロントの切れ込みが良くて運転がうまくなったような気がする。これがガソリンエンジンの軽さから来るものなのか、それとも「Gベクタリングコントロール」によるものなのかはわからないけど、リアのバタバタ感も押さえられていて、全体のまとまりはぼくのデミオよりも数段上。ガソリンエンジンの吹け上がりが気持ちいいな…15MBが激しく気になってきた(笑)


点検ついでにマツダコネクトを最新の59.00.502へ更新してもらった。なんでもUSBオーディオ周りの動作が軽くなっているとかで、実際フォルダの移動や選択がずいぶんと軽快になった。フォルダやファイルの並びが名前順になったっぽい? カタカナ→アルファベット→漢字という順序。


今回の支払いはエアーエレメントとエアコンの外気フィルターの交換で5,800円。エンジンオイルとオイルエレメントは「パックDEメンテ」で先払い済み。あと、キーの電池が少なくなってきてるとかで、そう言われてみればなんか警告灯が点いてるし、オートロックされてない時もあったりするわー。これは自分で交換することにした。洗車不要ってことにするともらえるティッシュボックスのボリュームに驚きつつ、12ヶ月は無事にクリア。

タイトルとURLをコピーしました