カンボジア旅行3日目(前編)~京唄子

パン派です
パン派です

12月31日。ホテルのロビーにはクリスマスソングが流れていて大晦日の雰囲気は全くなし。ホテルの朝食はお約束のビュッフェスタイル。パンとヨーグルトをかけたフルーツ。そしてサラダなど。

小さめの器
小さめの器

フォーが有名だってことで後からいただいてまいりました。日本で食べるインスタントのヤツはあんまり好きじゃないけど、これは大変おいしゅうございました。中華麺に豚肉という組み合わせも選べるようになっていて、この後毎日食べた(笑)

青い空にオレンジの屋根
青い空にオレンジの屋根

いよいよ観光初日。いちばん最初に向かったのはチケットセンター。ここで顔写真入りのアンコール遺跡観光用のチケットを発行してもらう。バスは韓国のヒュンダイ製が多め。左ハンドルで安いのが魅力だとか。ぼく達のバスもヒュンダイ。

初回は受け取り
初回は受け取り

遺跡に向かう道路の途中で完成したチケットを受け取る。チケットのチェックはかなり厳しくて、翌日もここで停められて係の人がバスの中まで入ってきて確認した。

記念品として持って帰れる
記念品として持って帰れる

そのチケットがこれ。顔写真は縦横比が微妙にアレで、横に広がった顔が印刷されている。写真をお見せできないのが残念(笑) 3日間のチケットで62ドル。3ヶ所穴が開いてるのは、31日・1日・2日が有効ということ。裏面を見るとわかる。首から下げるストラップ付き。

現役の道路
現役の道路

一発目は「アンコール・トム」。アンコール・トムは大きな都って意味で、街を取り囲む城壁にある南大門からおじゃま。上部は東西南北の4面に観世音菩薩の顔が付いてるアレ。驚いたのはこの狭いところをバスも人も通っていること。

盛り上がってまいりました
盛り上がってまいりました

しばらく歩いていくと「バイヨン寺院」が出現。54も塔があってその全てが南大門にあったのと同じ観世音菩薩の四面像というやつ。それにしてもすごい人だー。

日傘が多いほど偉い
日傘が多いほど偉い

回廊の壁画には、当時の生活の様子やチャンパー軍との戦いの様子が描かれている。クメール軍は地上戦は強かったけど、水上戦はあんまり得意ではなかったとか。耳たぶの長いのがクメール人だって。

できるだけ人が写らないように
できるだけ人が写らないように

奥へと進んでいく。全部四面仏だ。

どこを向いても人がいる
どこを向いても人がいる

こんなところも通りつつ。

これか!
これか!

そしてかなり急な階段を登って「バイヨンの微笑み」とご対面。これってアンコール・トムなんだね。これがアンコール・ワットだと思って今まで生きてきてしまった。ガイドさんの説明から「京唄子」の名前が…これには一同納得(笑) 写真撮影もそこそこに、ものすごい人混みをかき分けながら急な階段を降りる。

これでも乾季
これでも乾季

次にやってきたのは「バプーオン」。ヒンドゥー教の寺院として建てられた後、仏教寺院に改修されたとのこと。それにしてもカンボジアの水面は常に静かだねー。

これにも登る
これにも登る

ヒンドゥー教は高ければ高いほど神聖な場所ということらしく、ピラミッドみたいな高さのある建物が多い。

暑い!
暑い!

というわけで、ここもやっぱり登るわけです。古代遺跡系は足腰が丈夫な内に行ったほうがいいね。上からの眺めはこんな感じ。中央右上に見えるのがさっきの池。ここには祭壇みたいなものがあって、線香をあげてる人も。

上に人がいます
上に人がいます

またまた急な階段を降りて建物の裏側に周ってくると、そこには巨大な涅槃仏が! 仏教寺院に改築された時に作られたんだって。涅槃だってわかった瞬間思わず「おー!」って言ってしまうスケール。

引き続き涅槃で
引き続き涅槃で

建物の裏側を涅槃にするとかさー。

日陰は涼しい
日陰は涼しい

この後は「像のテラス」等々を見つつお昼、そして「アンコール・ワット」。その辺はまた次回で。