すでになくなっているのかも?

この記事は約1分で読めます。
最近よく見かけるタバコの自販機を改造したもの
「Dパラ」とは?

先週末の話で恐縮なんですけど、ジャンクレコードを見がてらコーヒーを買って行こうなんて思いまして、いつもの峠に違う道からアプローチしていたところ、分水嶺公園の横にあるエロ本自販機が稼働していない雰囲気になっていることに気がつきまして。引き返そうと思って場所を探していたら、片側交互通行の工事渋滞にハマって断念。2014年にホテルカントリーに行った帰りに写真撮ったはず、と思って探してみたけど1枚しか見当たらない。もっと撮った気がするんだけど。

お元気そうで何よりです
1,000円単位

というわけで、翌日にリベンジ訪問。結果から申し上げると稼働しておりました。だがしかし、売っているものはグッズだったり、何が出てくるのかわからないお楽しみ系だったりと、エロ本自販機といいながらエロ本は売られていないという現実。

手書きのPOP!
取り出し口は必ず「PUSH」

昔はよく廃墟にエロ本が落ちていたものじゃったー。それがいつしかDVD的なものになり、最近ではコンビニに成人向け雑誌が置かれなくなったから、エロ本自体がもう存在していないのかもしれない。 そんなことを考えながら写真を撮っていたら、突然の土砂降りで撤収。

タイトルとURLをコピーしました