黄砂に吹かれて。

この記事は約1分で読めます。

Kousa
(クリックで拡大)
テレビのニュースでもやってたけどすごい黄砂。
レンズは防塵防滴だけどそうじゃないボディーにはやっぱり影響があるんだろうか?

会社の駐車場の裏手の山でネコヤナギや福寿草を発見。
Nekoyanagi
(クリックで拡大)
Fukujusou (クリックで拡大)
花の手前にかかってる枯れ草をどかせば良かったかなぁと思いつつも、そのままを撮ってきましたということで。
Suisen (クリックで拡大)
オリンパスのカメラは昼間の屋外とか光が十分にある場所での色乗りというのか、発色は文句なしにいいと思う。
しかし今まで花なんぞ見向きもしなかった人間が、これだけ花の写真を撮るのはカメラを買ったせいなのか、それとも単に年を取ったからだからだろうか?

  1. とーふ。 より:

    水仙(だっけ?)の奥と手前のボケっぷりが良い感じです。いや、別にNHKでたまたま今日のネタがぼかしだった事とは関係なくボケっぷりのすばらしさが素敵です。
    手前のゴミとかはオイラも写真を撮ってて後からパソコンで見たときに気が付く事が良くありますねぇ。オイラの場合写真撮るときにまだ被写体しか見えてないって事なんでしょうが、このゴミさえなければスゲー使える写真なのに・・・と、よく思う事があります。
    最近デジタル一眼が欲しい熱が微熱状態で続いています。でもお金ないし・・・適当なコンパクトデジカメ買ってごまかすかなぁ。とりあえずクールピクスP4が候補かな。DSC-W7あたりの在庫処分品があれば現行のシステムのままスコープに付けられるから便利だけどね。

  2. ポケット より:

    とーふ。さん、コメントありがとうござんすー。
    そうか昨日のNHKの趣味悠々はボケ(絞り関連?)だったのか。
    ぼくは基本的に見たい番組は録画して週末にまとめて見るからまだ見てないっす。
    というか、第2回を録画し忘れて昨日(18日)のお昼の再放送分も録画し忘れたし(笑)
    第2回は何だったんでしょうか?
    この番組はテキストがなかなか秀逸だという話も。
    水仙の写真は確かに奥の方がボケてるんだけど、意図したボケではないというのか、なにを見せたいのかが絞り切れていないまま漠然と手前にピントを合わせただけで、絞り量も偶然それっぽく見える写真になったというような感じ。
    なのであんまり納得できていません。
    > 適当なコンパクトデジカメ買ってごまかすかなぁ。
    COOLPIX P4はぼくもなかなか良いと思います(指紋だらけになる本体の仕上げを除いて)。
    ただ、もう1~2万円出せばデジタル一眼が買えるからちょこちょこ買い換えるんだったらサクッと投資した方が長い目で見てトータルな出費は少ないかも。
    要するに今すぐデジタル一眼買ってきなさい、と(笑)

タイトルとURLをコピーしました