準備完了。

Darkless
Darkless


ちょっと前に、桜を撮ったモノクロフィルムを現像に出したら1週間かかったから、今後はモノクロで撮ることはないかもしれないと思ってたんだけど、写真系のWebサイトや本を覗いてるうちに、モノクロでちゃんと撮れたらカッコいいし楽しいだろうなぁと、再びモノクロに挑戦してみることに。
でも、ネオパンばかりでは面白くないから、ちょっと変わったモノクロフィルムを入手しようと通販サイトを見てたら、富士フイルムの「ダークレス」というモノクロフィルムの簡易現像キットを発見!
現像タンク・現像液と定着液(3回分)・パトローネオープナーがセットになったもので、これがあれば文字通り暗室いらず。
現像後はPCでスキャンすればOK。
速攻で「カートに入れるボタン」を押したけど、送料を払うのがもったいないから、いつもお世話になってるカメラのキタムラに、フィルムの乾燥時に水滴の跡が残るのを防ぐための「ドライウエル」と一緒に注文。
それぞれ1,480円と241円だった。
他に、最後に水洗いするためのバット(上の写真の黒いやつ)を100円ショップで購入。
フィルムクリップやフィルムスポンジもあった方がいいけど、「ちょっとやってみたい」だけだから洗濯ばさみやガーゼを流用予定。
24枚撮りのネオパン・アクロスはすでに撮影済みなんだけど、現像の時間や温度を管理しないといけないし、30分の流水洗浄〜乾燥のための時間と場所を考えると、平日はちょっと厳しいし、でも今週末は休日出勤だし・・・
初の自家現像に挑戦できるのは最速でも日曜の午後かなぁ。