左右非対称。

この記事は約2分で読めます。
M=105cm

またまたカメラのストラップを購入せしめました。ユリシーズの「クラシコ・ヴァリアンテ」という一枚革でできたシンプルなもの。今まではオリンパス純正のやつを使ってたんだけど、こいつが少々汚れてきた(洗えるんだけど)のと、どうもカメラバッグから取り出したときによじれるというのか絡まるというのかと、E-M5 MarkIIでは取り付け部分のナイロンテープがボディーとこすれて塗装が剥げたからその辺りも少々気になっていた。

一枚革の贅沢

クラシコ・ヴァリアンテは4色あって、本当はグリージオという緑がかったグレーみたいな色のが欲しかったけど残念ながら売り切れ。ブラックとチョコレートで少々悩んでブラックに決定。ぼくは案外黒のストラップを持っていないのであった。

おわかりいただけただろうか?

それから今回はアウトレット品を買ってみた。革の傷や縫製の不良等々、主に見た目がユリシーズの基準を満たさないものというこで、2,000円くらい安い。届いたストラップを確認してみると、裏側に傷といえば傷みたいなものがあるなぁという程度。このくらいなら使っていくうちに見えなくなるだろうから、個人的にユリシーズのアウトレットはお得という結論に達した。

右の金具は真上に生えてるからアレ

一枚革だから長さの調整はできないんだけどその分いろいろ悩まなくていいし、何よりもいわゆる「ニコン巻き」や「報道巻き」とアジャスター金具が無いのがスッキリしていて非常に良い。

ですよねー

オリンパスのカメラにに標準で付いてるカチャカチャうるさい三角環を外して取り付けると…ああ、そうか! E-M1 MarkIIは取り付け金具の位置が左右が非対称だから、対称に作られたクラシコ・ヴァリアンテだと幅の変わる部分が左右でズレてしまうではありませんか(笑) 2cmくらいかな? 実用上は問題ないからいいけどね。

タイトルとURLをコピーしました