癒されない。

この記事は約1分で読めます。

Digitalcamera_magazine_2010_7

僕はほぼ100%の写真を絞り優先で撮っているにもかかわらず、背景をぼかしたいのか全体にピントを合わせたいのかの2択くらいしかしてなくて、絞り値に対して明確な意図や基準を持っていない。

それで、「これが正しいF値の決め方。」と書かれたデジタルカメラマガジンを見つけて買ってみた。たくさんの特集の中のひとつだから、事細かく丁寧にというほどでもないけど、近くのものの方がピントが薄いというのは、マクロレンズで実感していただけに、被写体との距離によっても使い分けるという部分は参考になった。

初めてデジタルカメラの雑誌を買ってみたけど、1,100円は高いし、なんだか読んでいるうちに疲れてしまう。でも、みんなこういうので研究してるんだねー。気後れしそう。

  1. katakata より:

    この方です...
    http://blog.goo.ne.jp/coupe_fan
    気さくな山を愛するヒトですヨ

  2. ポケット より:

    katakataさん、どうも。
    写真を見たら「あ〜、これかぁ」という感じでした。
    山や自転車の人はGPSロガーは必須ですよ!
    1台いかがですか?(笑)
    ちなみに僕のはSONY製の「デジカメ周辺機器」です。

タイトルとURLをコピーしました