無茶しやがって。

E_p3_1
E_p3_1

(画像はすべてクリックで拡大)
というわけで(?)、発売日の今日PEN E-P3と、M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0が到着。当初は買ってもレンズのみって考えてたけど、E-P3はこれまでの集大成的な感じがしたのと、タッチパネル搭載にやられてしまった。
E_p3_5
E_p3_5

E_p3_3
E_p3_3


E-P1とE-PL1を使ってきて一番ストレスだったのはAFモードの切り替えやエリアの選択だったから、今度からここだってところをタッチすればそこにピントがあって、そのままシャッターを切る事もできる。こういうのはライブビューならではのメリットだと思う。
E_p3_6
E_p3_6

E_p3_4
E_p3_4


ただし、すべてが良くなっているかというとそうでもなく、ボディーそのものの質感や、ダイヤルを回したときの感触、シャッターの音や振動に関してはE-P1の方が潤いがあるというか、E-P1はフランス車で、E-P3がドイツ車みたいな感じ(笑) それにしてもなー、USB端子のドアなんて露骨に安くなったなー。
E_p3_7
E_p3_7


アートフィルター方面の使い勝手もずいぶんと洗練されて、コマ送りみたいな表示になる事もないし、撮った後もほとんど待たされない。ファンクションボタンは余るほどあるけど、欲しい機能が設定できない。アスペクト比の変更とか…ファームウェアでなんとかしてもらおう。
E_p3_2
E_p3_2


レンズはうわさ通り上品でしっかりした作り。ピントリングのネットリ感もなかななか。E-P3との組み合わせはちょっと重いかもしれない。今までは何かを売却して、そこにちょっと追い銭して買い替えてきたけど、今回E-P1を放出しても相当厳しいというか無理したから、今度こそ3年の保証が切れるまで使いたい(;^ω^)