カッド線。


アンプの入国が遅れていて、ケーブルだけ先に届いてしまった。スピーカーケーブルは今までのをそのまま使っても何の問題も無いんだけど、気分転換もかねて新しくする。ケーブルを替えると音が変わるって話がオーディオ界隈では常識的な事になってるけど、僕の経験上、音が変わったとしてもその事に法則性を見出せないから、精神的な影響がほぼすべてかなぁ、と。だったら、理論的に精神に効くやつを(笑)、ということで選んだのが、カナレの4S8というスピーカーケーブル。サウンドハウスで120円/m。実際には送料がかかって(代引き手数料無料!)225円/m。

直径8mmくらいの中に4本の線が通っている4芯タイプというもので、僕のスピーカーとアンプをつなぐ場合は対角の2本ずつをセットにして、プラスとマイナスにつなぐ。要するに、それぞれの端子から2本ずつケーブルが出る。これはLANケーブルなんかと同じ原理で、ケーブル自身からノイズが出にくいことと、外からのノイズに強いという仕組み。ただし、2m程度のケーブル長でその効果を体感できるかと言われればNOでしょうなぁ。

4芯×両端×左右2本で16本の電線の先端を処理しないといけないから、ワイヤーストリッパーを買ってきた。ケーブルよりも高いんですけどー。