し、しまった!

この記事は約2分で読めます。

新年の一発目はビートルズでしょーなんつって、ゴキゲンで聴き終わった後にレコードの針をクリーニングしようと思ったら手元が狂って、一張羅のレコード針(VM750SH)を曲げてしまいましたとさ。新年早々縁起が悪いのか、それとも何かの身代わりになってくれたのかは定かではないが、マジっすか。VM750SHを買ったのは、今回と同じようにAT100Eの針を曲げてしまったからだったのを思い出した。

シバタ針のこれがいちばんバランスがいいとか

本来なら「いやーやっちゃったわー(ニヤニヤ)」って感じで、次に何を買うかノリノリで考えるところなんだけども、レコードマインドが低まっている今はイマイチ気分が乗らない。原状復帰がいちばんリーズナブルとは言え、交換針の「VMN50SH」は実売で3万円ちょっと。同じのを買っても面白くないからこの上の「VMN60SLC」にしようかと思ったけど、これは実売でなんと6万円! んー、DL-103でしばらく聴くことにして、他の選択肢も含めてどうするか考えようっと。

カセットテープは1本10円の買い取り

なんにしても先立つものを確保せねば…ずっと使っていなかったカートリッジ3個(AT100E、AT-F7、M44G)やヘッドシェル、真空管や諸々をかき集めてハードオフへGO! 

真空管は見た目だけのチェックかなー

点数が多いから査定に結構時間がかかったけど、結果23,470円になった。値段がつかないと思ってた20年以上前の中国製真空管がそこそこの金額で買い取ってもらえたのが嬉しかった。ありがてぇ、ありがてぇ。

隣のスーパーはお休みだった

ハードオフは3ヶ月に2回くらいのペースで覗いているけど、最近はモノが動いていないような気がする。レコードプレーヤーなんかはずっと同じものがあるし、中古レコードも次に来た時にあったら買おうと思ってたものがそのままあった。そして買わなかった(笑) 中古の買い取りモデルみたいなものは、もしかしたら終わりが近いのかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました