この夏マスト?

この記事は約1分で読めます。

ゴージャス!そして清涼感!
インターネッツでその存在を知って、発注しておいたのであります。正麺(わが家では「じょんめん」と呼んでいる)の「冷し中華」。わざわざ「醤油だれ」と書いてあるから、「ごまだれ」もあるのかと思ったらそうでもないらしい。個人的には冷やし中華=醤油だれだから問題なし。
中身はごくシンプル
袋の中身は太めの乾麺と、いかにも冷やし中華のタレっぽいパッケージに入った液体スープ。冷やし中華って基本的に生麺だから、それに比べて長期保存ができるこれは便利じゃないか。
3回音読するように
作り方を熟読。水の量は1リットルって書いてあるけど、スープになるわけじゃないから適当でOK。ゆで時間は長めの5分。ゆで上がったら氷水等で冷やす、と。なるほど。
ふたり分作ってます
説明通り、たっぷりのお湯で5分ゆでる。ラーメンだと1分くらい短めに上げるのが好みだけど、初めて作るんだからとりあえずは規定通りで。
なかなか良さげ!
ゆで上がった麺を軽く冷水で洗ってから、氷水にさらす。この段階で「これはイケる」という感触というか、手触りであった。氷水がポイントかもしれない。
カラシを添えて
麺よりも多い具を盛りつけて、タレをかけて完成。柔らかいながらも、ツルツルでコシのある麺の感触がよろしいな。本当に乾麺なんだろうか?というくらいのできばえ。タレはデフォルトだとやや濃いかなー。個人的にはもうちょっと酸味があってもいいような気がするから、次回は微妙に酢を加えるなどしてみたい。

タイトルとURLをコピーしました