28mmと38mm。

この記事は約1分で読めます。

あぶないですから
KLASSE Wに入れたリバーサルを撮りきって、カメラバッグの中のKLASSE Sと交替。こっちも36枚撮りが入っていて、残り32枚。まだ信州観光ホテルの看板がある正面入口みたいなところには、バリケードが作られていて当然立入禁止。
手前の建物の方が古い?
メインの建物を見渡せる部分は、どこか近くのホテルの駐車場になってるから、ちょっとおじゃまさせてもらってパチリ。KLASSE Wの28mmとKLASSE Sの38mmの写る範囲は、思ってた以上に差があるんだなぁ。Sの方が扱いやすいけど、Sよりももう10cm寄れるという部分はWの大きなアドバンテージ。
この辺から入れそう…
ここから客室の中が見えるってことは、壁が無いってこと?やっぱり危険だからここまでだなー。後ろ髪を引かれる思いで撤退。えぇ、オトナですから(笑) 写りはKLASSE Sの方がシャープでカッチリ、KLASSE Wはもうちょっと柔らかいのかな。どっちがいいかは好みの問題。

タイトルとURLをコピーしました