さぁ、帰るぞ。

この記事は約2分で読めます。

善光寺ってあの善光寺?
信州観光ホテルというボスキャラに遭遇しただけで燃え尽きてしまったぼくは、クルマに戻って山の頂上を目指す。かなり急で細い道を登って行くと、目の前が開けた場所に出た。ここが、下から見えた善光寺大本願別院なのかー。お堂も仏像も現役で線香が焚かれている。
戸倉と上山田は別の地域
見晴らしのいいところ。「シャバダバダうえだかーん♪」も見える。そういえばあっち側には行かずじまいだったなー。お堂を挟んで反対側には、何やらチケット売り場らしきものが並んでいるけど、どれも閉まったまま。
神社の名前がわからない
そのままぐるっと裏側にまわると、今度は「男女和合の神はここ」と書かれた神社が出現。なんの事だろうか?と登って行くと、そこには撮影禁止と書かれたご本尊が…撮ろうかと思ったけど、もしかしたら現像してもらえないかもしれないと思って自粛(笑) かけらた絵馬を見ると、子宝祈願的なところらしい。へぇ〜、みんないろいろ見つけるもんなんだねぇ。
日本歴史館って…大雑把
そのまま戻って、お堂の向かい側の日本歴史館とやらに行ってみる。なるほど、入場券をさっきの売り場で買うってことなんだな。残念がら閉鎖中というかこれも廃墟じゃん。バリケードや塀で厳重にしてあるから、外観をちょっと眺めるだけにしておこう。
誰なの?
隣にももうひとつ建物と、もしかするとロープウェイ駅の跡? そっちも同じ運命をたどっているようだ。さてさて、炎天下を歩きまわってだいぶ疲れたから、眠くならないうちに帰るとしよう。誰なのかわからない銅像に見送られて、帰路につくのでありました。めでたしめでたし。

タイトルとURLをコピーしました