その一味のその2。

この記事は約2分で読めます。

更地になってしまった後山分校の10年前の写真をアップする後編。前編は上のリンクから。


窓ガラスが全部ある
手形もたくさん

夜光っぽい何かで作られた月のある部屋。ここが1階なのか2階なのか記憶が曖昧。2階に行く前だけど1階でもない…おそらく正面から見ると印象的なガラスの窓が並んでいる部屋。1.5階っぽい?

蚊取り線香はそこらじゅうにある

ここには比較的新しい本がたくさんある。公民館として使われるようになってからの図書館というか児童文庫というのか的な。

学校っぽい

この部屋には貫目のメモリのついた体重計もある。保健室だったとか?

この落書きがそこら中に

黒板があるってことはこれが普通の教室なのではないだろうか? この黒板の位置の低さと、畳が敷いてあるっていうのが気になるところ。

入ったけど特に何も起きず(笑)

廃墟によくあるタイプの落書き。もしかすると映画撮影の関連かもしれない。

あのフェンスの中はなんだったんだろう?

窓越しに中庭を望む。向こうに見えるのが講堂(体育館)。

雨漏りしてる

恐る恐る2階へ。大きな階段室は古い校舎でよく見かけるタイプ。

まず張り紙

眠りの部屋。

床から視線
「目」はホントに怖い
そして天井からも

眠りの部屋の隣。この部屋は本当に怖かった。映画撮影なのかそれとも肝試しなのか、床からの視線にドキッとして振り返ると天井からも視線が(笑)

撮影で掃除したっぽい?
鳴るんだろうか?

2階のいちばん奥は音楽室。入り口に足踏式のオルガン。

秋も終わりですなぁ

再び廊下から中庭と講堂。

もっと外観の写真を撮っておけば

脱出! 以上で10年前の後山分校の写真はおしまい。この時のカメラはE-410。手ぶれ補正無し。露出が見えない光学ファインダーで1枚ずつスポット測光。もちろんJPEG撮って出し(水平だけは修正したけども)。このころの写真のほうがリアリティーがあるというか雰囲気がいいよなー。

タイトルとURLをコピーしました