プロの仕事。

この記事は約2分で読めます。

切る前のジューンベリー

ジューンベリー関連の時にもちょっと書いたんだけども、そのジューンベリーの木がものすごい勢いで大きく茂ってしまったのと、その他の木(コニファー?)も植えてから10年以上放置した結果、お隣の敷地まで枝が伸びてしまっていたから、お友達経由でプロの庭屋さんに来てもらいました。上の写真は昨日のジューンベリーの木。駐車スペースにもかぶさっていてアレ。

ボーボーよ

グッと引いて、その他の庭木と乙女リンゴの木。その他の木は実は4本あって、植え方がダメダメなせいで写真では左側の2本(おそらく女木)だけが大きくなって、男木はその陰に隠れてしまったせいか元気がない。リンゴの木は雨続きで消毒できなかったから虫だらけ。草が生えないように封鎖した家庭菜園の人工芝もなんだか色あせまくり。

砂利のせいで夏場は熱風が

そしてこれが庭師によるプロカット後のお庭。なんということでしょう! うっそうとしていたところがスッキリとして、お隣りへの侵入も解決。その他の木の女木はこれ以上上に伸びないようにカット。男木に光が当たるように隙間多めにしてくれたみたい。乙女リンゴもジューンベリーもカッコよく刈りあがっております。

枝が結構太い

ちょっとわかりにくいけど、丸く見えるようにカットしてある。素人にはこういうのは無理だよねー。切った後の枝の処理も完ぺきにやってもらって2時間ちょっと。いやー、長年の懸案事項が解決して一安心。ご近所ネコのお気に入りの場所もカットしちゃったから、しばらくは来ないかもしれないなぁ。

タイトルとURLをコピーしました