雨の日デビュー。

この記事は約2分で読めます。
大人3人がかり

先週末にオーダーしたデミオのタイヤ(ブリヂストン Playz PXII)が入荷したという連絡が来たのは、当初の予定よりもちょっと早い7日(土)の午後のことでありました。すぐにでも履き替えに行きたかったんだけど、この日は夕方まで仕事。翌日午前10時に行くことにしたら朝からあいにくの雨。 後で濡れたスタッドレスを下ろすのがイヤだなーと思いつつ、店に到着するとすぐに作業開始。

こんなに大きなネジが

ガラス越しに様子を見ていると「お客さん、ちょっといいですか?」と。助手席側リアのブレーキドラムをとめているネジが1本緩んでいて、(ぼくがそれに気が付かないままスタッドレスに履き替えたから)ネジが曲がってしまっているというではありませんか! ブレーキドラムはホイールボルトとホイールで固定されるからこのまま走っても問題ないとのことで、ネジを取り除いてもらって作業完了。こんなところのネジが緩むのはおかしな話だから、そのままマツダディーラーへGO! だがしかしその対応は非常にしょっぱいものであった。そろそろ点検だから、その時に見てもらうことで撤収。

やっぱブリヂストンなのか?

午後、気を取り直して諏訪湖1週に繰り出す。新品のタイヤってこともあって、路面への当たり方がしっとりとしていて非常に良い。この感覚…その昔にミシュランのPilot Primacyを履いた時によく似ている。ハンドルの切り始めの反力というのか、曲がりはじめるところがよく分かるのが気持ちがいい。高速域でたまに感じていたふわふわ感もなくなったような気がする。今までがスタッドレスだったからってのもあるけど、とにかく運転しやすくて楽しい。走行音に関しては、ぼくのデミオは初期型でうるさいから、それほど静かという印象は無し。やっぱタイヤはケチっちゃいけないねー。

タイトルとURLをコピーしました