商品性。

この記事は約2分で読めます。

ここのろころ平日は実質夕方から仕事だとか、土曜は午後から仕事とか、そんなことが続いていてアレ。そんな中で、やっと会社のインターネッツが光になりましたという記録。

そんな契約するやついるのかよ

その昔、ブロードバンドという言葉とともにやってきたのは、地元ケーブルテレビ局の常時接続サービス。途中でスピードアップはあったものの、ダウンロード10Mbps・アップロード1Mbpsという世界で生きてまいりました。が、流石にちょっと厳しいな、という状況が増えてきたところに、光回線のサービスが始まるというお知らせが来た。電話とテレビとインターネッツをセットにしないとお得にならない上に、実体は以前個人的にトラブルのあったauの回線とのことで悩みに悩んだんだけど、予約すると現状の回線を100Mbpsにしてくれるのと、光になったときにひとつ上のプランを安く使えるっていうから申し込んだ。

真ん中の1本が光ファイバー

そこから数ヶ月後、工事の日になって現状のNTTの電話の契約を残したまま、新しい電話番号で1回線申し込むようになってることがわかって激怒。確かに電話番号が変わると困るとは言ったけど、同番移行できるんだから普通はそうするだろー。そもそも電話も一緒じゃないとお得にならないって説明なんだし。現状は契約が取れれば何でもいいau代理店でしかないってことか。そんなこんなでそこから約1ヶ月後の昨日、光回線の工事が完了いたしました。これもさー、午前中って約束だったのが前日になって午後になっているのがわかって激怒ですわ。

工事は終わったけども

いちばん左の白い箱に外から光ファイバーが入って、テレビの信号が分離される。そこからまた光ファイバーが出て、2番めの背の高い黒いやつに入る。これがルーター的なもの。そこから真ん中の白いハブを経由して、右から2番目と3番目の電話モデムへ分岐する。2回線あるから2個。いちばん右は自前のWi-Fiルーター。今まではケーブルモデムとWi-Fiルータのふたつだけだったのが6個に激増。設置スペースの問題もあるけど、何よりも電源の確保が大変。工事業者はPCの電源と連動するタップに挿していったから、帰りにPCの電源を落としたらテレビも電話もインターネッツも使えなくなった。

工事のために移動したものが戻せない

もうねー、ここまでしてケーブルテレビと契約したくないんだけど、御柱のときはケーブルテレビが映らないとアレだし、そもそもアンテナ建てても地デジは受信できそうもない場所だし、仕事で使ってるメールもあるしってことで、本当に悔しいけどこれ以外に選択肢がない現実を踏まえて負けておく。

タイトルとURLをコピーしました