実は飽きている。

この記事は約1分で読めます。

負けた

ちょうどいい光線具合

雨だから空いてるかもしれないと思って、井戸尻遺跡の大賀蓮の写真を撮りに行ってきたんだけども、駐車場からすでに込んでいてアレ。

つぼみが続々と

ちょうど雨が上がったタイミングで到着。通路はドロドロで、かなりの人が通った形跡がある…蓮池の周りはカメラマンだらけ。考えることはみんな同じかー。

空いてる場所がここだけだった

低めに設置した三脚と持参した椅子に座ってじっくりと撮影するその情熱と集中力には関心するけどさー、そこに三脚置いたらみんな通れないじゃん? 日の出の時間帯なら刻々と変化していく蓮の花を撮るためにじっくりってのわかるけど、午後じゃん? 何枚か撮ったら場所をあけるべき。

今朝咲いた花だろうか?

というか、ぼくがもうカメラや写真に飽きちゃってるんだろうね。毎年毎年同じ場所で同じものしか撮ってないし、かと言って写真を撮るために早起きをするとか計画するっていうほどの情熱もない。要するにクズですな(笑)

おまけ

帰りにトイレ休憩でよった信濃境駅のあじさいがきれいだったから何枚か。

タイトルとURLをコピーしました