リーマンショック以来。

この記事は約2分で読めます。
お友達のところの「業務用Wi-Fi」がバッファローだったから

壊れかけていた会社のWi-Fiルーターを、バッファローの「WSR-1800AX4」に更新いたしました。今年の6月に発売になったばかりのニューモデル。今まで使っていたのは、同じくバッファローの「WHR-HP-G300N」という2009年発売のやつ。2009年といえばリーマンショックの翌年ですよ、奥さん。

160mm四方のコンパクト設計

型落ちの微妙に安いやつにするという選択肢もあったんだけど、4月に会社で買ったノートPCとぼくのiPhone SE(第2世代)が今をときめく「Wi-Fi 6」に対応してるから、このビッグウェーブに乗らない手はない! その代わりエントリーモデルということで金額を圧縮。そんなに大人数で使うわけじゃないからこれでもオーバースペック。

IPv4のみでこの速度

今年の6月に会社のインターネッチョ回線が光になって、契約上は1Gbpsなのに古いルーターのせいで100Mbpsで頭打ちだったのが解消されて、iPhoneでも500Mbps超え。今までWi-Fiがなんとなく不安定だったのはやっぱり壊れてたんだな。CATVのモデムがアレで二重ルーターになってるけど影響はないっぽい。そして気のせいかもしれないけどiPhoneの電池の減りが少なくなった。なんということでしょう! 新しいってすばらしい。

タイトルとURLをコピーしました