下へ下へ。

去年来た時は割れてなかった

天気が良かった先週末、どこか写真撮りに行きたいなーと思っていろいろと考えてみたところ、思いついたのが去年の2月に行った「ホテル・ラ・セゾン」。ちょうどアンプの修理上がりの連絡が来て、リネン室に未踏のまま帰還したのでありました。今回はそこを見に行こうじゃないかと。ドアが開かなかったらそれはそれで。

ウェルカム状態

久しぶりに来てみたら、前回は閉まっていた1階の入り口が開いている? 2階のフロントへ続く階段への扉もカギはかかっていない。マジっすか。だがしかし、とりあえずここは後回しにして、B館へ向かう。

工エエェェ(´д`)ェェエエ工

錆びてて怖い怖い階段を上ってきたら、なんと入り口の扉が閉じられていてドアノブが外されていた。あらー、リネン室どころかB館自体に入れなくなっているではありませんか。深追いはしない主義だからここはあきらめることにした。

ここも開いてるじゃん

錆び錆びの階段を登ったところのシャッターが今回は開いているから、ここから安全に帰れるぜー…あれ? 3階のフロント入り口もウェルカム状態?

雨漏りしてるぞ

せっかくだからおじゃましまーす。3階はフロントもありつつ資材置き場だった感じなのかなー。荒らされているのもあるけど、雨漏りしてるなー。こうなると熟成が早く進んでしまうぞ。

スプレーは良くないよ
火気厳禁

早くここから出たい気持ちで下へ向かう。2階のフロントに到着。ここにはまだまだ新しい吸い殻が積もった灰皿がある。花火の箱があるけど、まさかここでやってないだろうなぁ? 風が強くて物音にびくびくしながら奥へ向かう。

電気は来てないと思う

そこは従業員の休憩室だろうと思われる部屋だった。そこそこ遺物がある。奥に見える冷蔵庫を開ける勇気はなかった(笑)

サスーンクォリティーでお願いします

シャンプーは無料ながら貸し出し制だったみたい。ここに書かれている銘柄と、周辺にある容器でいつ頃まで営業してたのか特定できそう。

ハイテク操作盤

ホテルの心臓部というのか事務所に潜入。他にも何枚か撮ったけど会社名や電話番号が写っていてボツ。部屋を管理するスイッチボックスの上に「平成11年9月6日改装→11月8日リニューアルオープン」って書いてある。平成11年は1999年かー。世紀末だなー。

冷蔵庫の模様がオシャン

せっかくだから客室を覗いてみる。窓の外に木が迫っていて、葉っぱが白い室内を緑色に照らしている。テレビはブラウン管。カラオケ用のマイクと…あら、エアシューターがあるじゃん。事務所では見なかった気がしたけど、もしかして裏にあったかもなー。

早く出たい!

すぐ横の階段を下りたら1階の駐車場に出た。今回はここまで。もしまた来るならば、事務所のエアシューターの確認と4階と屋上だなー。屋上から諏訪湖を眺めてみたい。


去年の2月に来た話はこちら。

  1. 康晴 より:

    うおさん、こんばんは。いつもブログ楽しく読ませて頂いてます。
    良い写真、見せて頂き有難うです。廃墟、一人で見学に行くのは本当、勇気が必要ですよね(汗)
    見ながら凄いなぁって思いました。従業員の休憩室は生活感ありますね(笑)いい写真です~
    別の話ですが音楽ブログの件で「犬神家の一族」サントラCDが届き、今じっくり聴いてます(^^♪
    テーマ曲も、また琵琶の音がクロスする曲、ドラムソロの曲、全曲素晴らしかったです。
    一緒に「人間の証明」のサントラも買って聴いてます。残るは「野生の証明」と観てない映画鑑賞です(笑)
    また音楽ネタ宜しくお願いします。

  2. うお より:

    康晴さん、ありがとうございます。

    廃墟友達でもいればいいんですけどねぇ(笑) まぁまぁぼくは急に思い立って出かけることが多いので、結局はひとりなのかもしれません。

    犬神家入手おめでとうございます! そうなんですよね、琵琶が入っているところが独特ですよね。曲順もストーリーの通りになっているのがいいところです。角川映画のサントラにこだわってみるのも楽しそうですねー。

タイトルとURLをコピーしました