2ヶ月後。

この記事は約2分で読めます。

アクアリウム・ファンシーにオーダーしておいたオーディオラックが到着。基本的な形を選んでから、幅や段数を選ぶオーダーメイド的なシステムで、注文は9月24日だから、なんと2ヶ月待ち。厳重な梱包の上に、電話連絡してから配達するように運送業者に指示してくれて、実にスムーズに運ばれてきたのであります。予想された有機溶剤的なニオイは一切なし。それにしても重い。

実は9月24日のオーダーの時点では、4段の1列オーディオラックだったんだけど、将来的にBlu-rayプレーヤーを導入してテレビを置いてもいいように、今月の頭に3段の1列ワイドテレビ台に変更。本来ならキャンセル→オーダーしなおし→2ヶ月待ちとなりそうなところを、納期はそのままで変更に応じてくれた。内寸で幅1m、高さ15cm×2、奥行き約50cmという仕様。今後は高さが15cm以上の機材は買いません(笑)

底面にフェルトを貼るオプションもあったけど、もうちょっと厚みのあるものにしたかったから、ホームセンターで買ってきた丸いやつを自分で貼り付ける。ラック自体の重さもあるから9ヶ所。

そしておもむろにひっくり返して設置場所に移動。ちょっと勘違いがあって、この写真は前後が逆になっていて…んー、色がなんか薄いというか赤いというか…ウォールナットでオーダーしたはずなのにチークっぽいなぁ。念のため問い合わせてみたら、ウォールナットで間違いないとのこと。そうですか…Webのお客様設置例を見ても、色はあんまり安定してないっぽいなー。

前面の角が面取りしてあったり、全体の造りはいいから色が残念といえば残念なんだけども、この辺は慣れかなー。若干古風な感じもするけれど、かと言ってガラスや金属でできた繊細なやつは、10万円でも買えないくらいだし、何よりも頑丈なのがよろしい。そして、ラックを置いたことによって、物置同然だった部屋が締まったというか、やっと部屋らしくなったのが予想外の収穫だった。早くスピーカー返って来ないかなー。

  1. 桜ん坊 より:

    素敵なタモ材ですね!

    ∀・)/サッ

    • ポケット より:

      そうなんですよ、30mm厚のタモ材なので、それだけ普通に買っても結構するような気がします。
      徐々に馴染んでいくんでしょう、人間側がね(笑)

  2. 桜ん坊 より:

    うちはびんぼなのでパイン材です \(・∀・)/

    それはさておき (・A・)
    掃除とかで移動が多いようでしたら
    フェルトよりカグスベールのがお薦めです。

    と思ったのですが、
    ぽけさんの設置場所の床はつるぴかだから
    フェルトでもすべるのか。

    失礼しました (・∀・)ノ゙

    • ポケット より:

      ありがとうございます。

      本当は滑るのがいいんですけど、ラックとそれに乗る機材の重さ的にNGっぽいんですよ~。そもそも、そんなに動かさない予定なんですけどね(笑)

タイトルとURLをコピーしました