082 of 1000

この記事は約1分で読めます。

2014年12月発売
かなり前に買ったまま放置されていた「ビックリ廃墟ジャーナル」を今ごろになってぼんやりと眺めている。厚さ4mm弱、A5サイズのこの冊子は、八画文化会館が1000冊限定で出しているシリーズのVol.1。パラパラっとめくってみると、普通の本として流通させたりインターネッツに載せるのがはばかられるような、廃墟のプライバシーとでもいいましょうか、そういったものがずらっと並んでいるのが見える。

不思議な写真が…
この本を買ったのは「ラブホテル・セリーヌ外伝」という記事を見かけたから。あの妊婦の落書きは違う廃墟にもあるという情報を聞きつけて調べていたら、この本にもその辺りの事がちょろっと書かれているではないか。それによると、もう1ヶ所の方がもうちょっとエグイ感じ。暖かくなったらちょっと見に行ってみようかなぁ。現状では正確な場所は全然わからないけれど。

手書きのシリアルナンバー

タイトルとURLをコピーしました