カルチャーショック。


デミオに乗り換えてまもなく2ヶ月というところで、ついに白いものがやってまいりました。天気予報で雪が降るって言ってたから、前の日にワイパーを立てておいたんだけども、特になんの操作も無しで普通にワイパーを立てられるってステキ。フォルクスワーゲン・ポロではサービスモードにしないとダメだったし、ワイパーを立てた状態でエンジンかけると、定位置に戻ろうとするワイパーでボンネットの縁をガリガリやってしまうリスクがあった。前の奥さま号であったルノー・ルーテシアに至ってはフロントのワイパーを立てることができなくて、雪の朝はワイパーを発掘・解凍するのに一苦労だった。

デミオは寒くなってもどこからもビビリ音も軋み音も聞こえてこないし、なんといってもノートラブル。思うままにエンジンを回しても今のところ22km/リットルを切ったことがない燃費に加えて、コーナリングが実に楽しい。デミオの前は20年間フォルクスワーゲンを乗ってきたけれど、どうもゴルフ4のころから曲がり始めにグラッと傾いて、直線に戻るときにその揺り戻しが来る感覚があってさー。あと空調というか、デフロスターもデミオはちゃんとフロントガラス全面に均等に当たる。これでドアミラーに熱線が入ってたら完璧だったのに。

現状デミオで不満というかめんどくせぇなぁと思うのは、マツコネことマツダコネクトとiPhoneの連携が10回に1回くらいの確率で失敗すること。マツコネの起動自体もそこそこ時間かかるから、走り出してから「接続エラーが発生しました。」とか言われても、再起動のために停めてエンジン切ってとかできないし。USBメモリーは読み込みに失敗したことないから、やっぱUSBが正義なのかな。USBもたまに再生中だった曲を忘れていちばん先頭のファイルから再生したりするけどね。あとギャップレス再生ができないからライブ物がちょっとなぁ。

同じくマツコネのナビ方面はこれといって特に不満はないかなー。今までソニーのPNDやYahoo!カーナビしか使ってこなかったからかもしれないけど。行き先の検索や設定は、NaviConっていう無料のiPhoneアプリを使ってる。Bluetoothでの連携に失敗しなければちゃんと行き先が送信されるし、家で設定しておけばクルマに乗ってiPhoneとマツコネの連携が完了した時に行き先が送信される。これは便利。そんなわけで、ポロからデミオに乗り換えて、トータルな満足度の高さにぼく自身がおどろいているところ。もう輸入車には戻れねぇな(笑)