買い替え案件。

中の電池だけ日本製
中の電池だけ日本製

ずっと前から買い換えたいと思いつつも、全然使ってないから放置されていたモバイルブースターをリプレースしました。正確には「モバイルバッテリー搭載急速AC充電器」だというパナソニックの「QE-AL101」でございます。今まで使ってきたのはエネループのやつで、「モバイルブースター」って言葉自体が新鮮だった2009年に購入したもの。当時はiPhone 3Gと3GSの時代で、頻繁に開催されていたTwitter方面のオフ会で活躍しておりました。
1台2役! コンセントに挿せるモバイルバッテリー

時は流れてオフ会も開催されなくなり(ぼくが呼ばれていないだけかもしれないが(笑))、のべつまくなしSNS方面に投稿するなんてこともしなくなったし、iPhone自体もバッテリーが結構もつようになったから、容量よりも使い勝手方面を優先してみた。iPhoneに標準のアダプターよりも出力が大きいから、速く充電できるというのがポイント。

造りがしっかりしている
造りがしっかりしている

もう1点の買い換え品は、トップランドの「M4213」というUSB付きのタップ。ユーザーレビューを見てみると、コンセントに挿さってるとUSBポートが青く光るのがアレっていうのがあって、でも最近のは光らないよって話もあったからオーダーしたら光るやつが来た(笑) 青じゃなければいいのにねぇ。まぁまぁ、これはこれでコンセントが生きてますって確認できるから良しとする。
この状態でも日本以外では使える
この状態でも日本以外では使える

去年、海外旅行に行っても使えるようにってことでちょっと凝ったやつを買ったのに、海外に行かないままプラグ部分がぶっ壊れまして。日本のコンセントに挿した時の安定感がイマイチで、無理な力がかかったのかもしれない。コンセント部分が大きすぎてアレだったし、旅行先で壊れるよりは良かったかも。以上が、いろいろがうまくいかない事のストレス発散の買い物メモ。