便座が冷たい不幸。

この記事は約1分で読めます。
電源ランプの点滅がゆっくりの場合はどこかが壊れています。

先々週にトイレがじんわりと水漏れしていることを発見して修理を依頼したところ、いわゆるウォッシュレットのノズルにつながっているパイプがつまり気味で、使用前後に洗浄のためにちょろっと流れる水が行き場を失って溢れているという検証結果。清掃のみで機能回復。これでひと安心と思っていたところ、暖房便座が稀に温まっていない事案が発生。

大きな便座カバーはお値段がアレ。

節電機能がうまく動いていないのかと思っていろいろとやってみたけど改善せず、ついに便座は冷たいままになってしまった。前回のサービスの人に来てもらって、便座内のセンサーがダメになっている判定をいただく。冷たい便座に座って数日…例のウィルスの関係でもしかすると交換用便座がしばらく入荷しない可能性もあると思って、貼り付ける方式の便座カバーを手配。これが微妙なサイズで、太ももの裏とお尻の真ん中あたりがはみ出してヒヤッとする。とかやってたら便座が到着。「便座が温かいしやわせ」を噛み締めながら春を待つのであります。

タイトルとURLをコピーしました