7月13日。

この記事は約1分で読めます。
クルマに轢かれないように気をつけながら

富士フイルムから「II」として復活したモノクロフィルム「ネオパン 100 ACROS II」を4月の半ばにKLASSE Sに入れてから2ヶ月以上過ぎてしまった。最初は桜を撮ったような記憶がある。残り3コマをなんとか撮りきって現像に出したいと思って、久しぶりに街撮りに出かけてみた。

あの草がさー

「ネオパン 100 ACROS II」は1本1,000円を超えているから、3コマとはいえ消化写真にはしたくなかったんだけど、結果的にそうなってしまったかもしれない。

塀の曲がり方がさー

デジカメに持ち替えてふらふらしてみたものの、久しぶりの街撮りは感覚がつかめず不完全燃焼状態で帰宅。なんとかプログラムオートを極めたいんだけどなぁ。

高級フィルムにウデがついていかない

2月にモノクロフィルムを郵送で現像に出して1ヶ月かかった反省から、今回はオーソドックスにカメラのキタムラへGO!現像上がりは2週間後の7月13日。早く来てほしいけど、来てほしくない毎日であります。

タイトルとURLをコピーしました