ドーナツ盤の誘惑。

この記事は約2分で読めます。
『東京砂漠』が入っていない

ここのところ音楽方面はCDを数枚買った程度で停滞気味だったのが、久しぶりにオークションでレコードを仕入れたのをキッカケに再び盛り上がっております。例のところを覗きに行ったら、内山田洋とクールファイブのベスト盤を発見して確保! ボーカルが内山田洋だと思ってたけど、よくよく考えたらそれは前川清だった。どの人が内山田洋なのよ?

Ai Oboete Imasu ka? ( 愛・おぼえていますか? )

とりあえずこの1枚で帰ろうと思いつつ気まぐれにシングル盤の箱を覗いて、俊ちゃんと飯島真理をサルベージ。両方とも知ってる曲だからっていう安心感もあるけど、これでドーナツ盤にハマってしまった。LPに比べると低域がパワフルでオーディオ的にも楽しい。すぐに再生が終わるから曲への集中力が必要なところもよい。

どれも売れたんだろうねぇ

日を改めて、予算1,000円で10枚選ぶ作戦を決行。有名どころを中心に知らないやつを数枚混ぜてみた結果は、シングル盤21枚+キャンディーズと杏里のLPで2,800円になってしまった。よく確認したつもりがオメガトライブの『君のハートはマリンブルー』はレコード焼け、五輪真弓の『恋人よ』はA面の音溝が破壊されていてNG。それでもまずまずの結果に満足満足。

薄い方にしました

LP用の外袋の在庫はまだまだあるんだけど、シングル用は昔々に買った25枚が残り5枚だったからこの先のことを考えて200枚オーダー。100枚でよかったなー(笑) 地方では相変わらずレコードの入手性が良くないけど、ムードコーラスを中心に集めていきたい。

41516 伊勢佐木町ブルース/青江三奈 (字幕/歌詞付き)

タイトルとURLをコピーしました