3人前。

この記事は約2分で読めます。
毛筆のオンパレード

土曜日の午前中にチャイムが鳴る…「宅急便です。」はて? 不良品だったから返品交換をお願いしたレコードかな?と思って出てみたら、お友達からの荷物でありました。しかもクールなやつ。早速開けてみると、なんと牛タンと稲庭うどん(比内地鶏スープ付き)ではありませんか。

菅総理は秋田県出身だそうです

彼がGoToなんちゃらで牛タンを食べに行ったのをInstagramで見かけて、「牛タンの祟りがあるぞ。」って言ったやつ、あれウソだから。本当に毎回毎回彼のマメさというのか、気遣いには感心させられるというか、ぼくはもらいっぱなし案件が多すぎる。

選別してないから太さがまばらだって

稲庭うどんをお昼にいただくことにして準備に取りかかる。3人前って書いてあるけど、こういうのは実質2人前のことが多いからという口実で全部ゆでることにした。というか、この時点でちょっと多いかもしれない予感はしていた。

説明書通りのオペレーション

添付の説明書には暖かいのと冷たいのとそれぞれの食べ方が紹介されていた。んー、季節柄温かいやつで。それでもゆであがったら流水でぬめりを取って氷水で締めるという説明。ツルツルでピカピカの稲庭うどんがまぶしい。

大盛が流行っていると聞いて

熱湯で温め直して丼に盛ったところやはりすごいことに(笑) 別の鍋に用意した比内地鶏スープを注ぎつつ…記録はここで途切れている。大変おいしゅうございました。いつもいつもありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました