帯に短し、襷にも短し。

この記事は約4分で読めます。

バババッとオーディオのデジタル方面を入れ替えてみたところ、Spotifyの音がイマイチよろしくないことが気になるようになって、そういうことならば何かしらのロスレス配信をお試ししてみようじゃありませんかという流れ。

とりあえず日本国内でいちばんお手軽そうなのが「Amazon Music HD」なんだけど、ぼくが使っているヤマハのNP-S303が対応しないから断念。Amazonがイマイチ信用ならねぇってのもある。PC(あるいはiPhoneやiPad)とUSB入力に対応したD/AコンバーターがあればどのサービスでもOKなんだろうけど、USB経由でファイル再生をする場合、送り出し側がWindowsだとWASAPIだのASIOだの面倒だし、何よりもケーブルの存在が煩わしいからできれば避けたい。そういう意味合いで「mora qualitas」も却下だなー。このふたつは邦楽も結構あって内容的には良さげなんだけど。

海外ではメジャーだという「TIDAL」「Qubuz」は日本でサービスを開始していない。これはまた例によって日本のレコード会社の仕業なのかねぇ。ハイレゾの時も安い海外サイトから買えなくしたせいで尻すぼみだったじゃん。それはともかく、このふたつはいろいろと手順を踏めば日本からも契約できて聴けるんだけども、邦楽が少ないのがなぁ。仮に日本でサービスが始まってもNP-S303が対応する可能性は低いし。残るはroonだけどこれはある程度高性能なサーバーが必須でお値段もアレだから非現実的。

そんな状況で白羽の矢を立てたのが「Deezer HiFi」。音質はCDと同じ16bit/44.1kHzまでの代わりに(?)、月額が他のサービスよりも500円くらい安い。そして何よりもNP-S303が対応しているから、MusicCast(ヤマハのコントロールアプリ)から操作できる。ということで、1か月無料のお試し開始。これがOKならばSpotifyは無料プランに移行するぞ!

これ、レコードで買おうか悩んでいる

iPadにアプリをインストールして試用開始。Spotifyと比較して0.5秒でわかる音の良さ! やっぱり圧縮音源には限界があるんだなぁ。残念ながら、邦楽は松任谷由実とか井上陽水みたいなメジャーどころと最近の一部はあるけど全体的には少ない。その代わりといいますか、古いジャズやブラジル方面の音楽が充実していて非常に良い。CDプレーヤー買い替えたのに出番がなくなるじゃん(笑)

DeezerアプリはAirPlayかBluetoothで飛ばすだけ

ただオペレーションに問題がありまして…iPadのアプリで操作して出力先をNP-S303に切り替えて聴いてたんだけども、これはiPadからAirPlayで飛ばしてるだけだった。ハイレゾじゃないからAirPlayでも音質的な問題はないものの、そのままiPadで例えばTwitter上の動画を再生するとそっちに切り替わってしまう。ってゆうか、これでAirPlayだということに気がついた(笑)

MusicCastで再生中

じゃあじゃあMusicCastから操作すれば直接NP-S303が再生するに違いないと考えて実験してみた。ディスプレイに「Deezer」と表示されて、iPadでYouTubeを見ても音声は切り替わらない…直接再生できているようだ。だがしかし、これだと曲間が4秒(!)くらい開くのと、アーティスト名もアルバム名も曲名も一切検索できないという致命的な欠陥がある。MusicCastはさー、Deezer以外でも一切検索できないのは何なの? バカなの? 死ぬの? ギャップレス再生ができないとビートルズの『Abbey Road』とかダメじゃん。検索機能が無ければそもそもビートルズの曲にたどり着けないじゃん。

お気に入りから選ぶことしかできない

という感じで、現状はiPadやiPhoneのDeezerアプリでアーティストやアルバムを検索してお気に入りに登録して、MusicCast内のDeezerからそのお気に入りを選んで再生している。でも、ギャップレス再生ができない(しかも4秒ってカセットテープ時代かよ!)っていうのが致命的。DeezerアプリからAirPlayで飛ばせはギャップレス再生できるけど、他のアプリの音声と排他使用だし。Windows用のアプリが日本ではインストールできない問題も大きい。PCではブラウザ経由で再生しろってこと?以上を踏まえて、1か月の試用期間が終わったら解約する予定。なかなか「これだ!」っていうサービスが見つからない。複数契約するのももったいない気がして。

タイトルとURLをコピーしました