デジタルリマスター。

この記事は約2分で読めます。

あけました。あけてしまいました。2021年は丑年だから、牛の写真撮ってないかなーと思って探してみたらありました! 2015年の5月に撮った廃牛(はいうし? はいぎゅう?)で新年のごあいさつ。

野生の廃牛が!
嗚呼、遥かなる80年代

当時のブログの写真は、PLフィルターを使ったのとJPEGにLightroomのプリセットをかぶせたせいで色が完全におかしいから、今回リマスターということでRAWからやり直した。このころからオリンパスのカメラでもRAWで撮るようになったみたい。

物置として余生を送っていた

ちょっと前にTwitterでこの廃牛の現役時代の写真を見たのを思い出して探してみたけど見つからなかった。清里のガイドブックがテレビで紹介されているのをキャプチャーしたやつだった。それによると別の場所でアイスクリーム屋の入り口として働いていたみたい。

口紅が似合う(笑)
このためにわざわざ赤いスプレーを持ってきたんだろうか?

どうやらぼくがこの写真を撮ってまもなく廃牛は解体撤去されたようで、これが最後の姿になってしまった。Twitterで見た写真もそうだけど、その時に押さえておかないと次はないということがこれから先はどんどん増えるだろうから、今年は思った時にサッと動けるようにしたい。あけましておめでとうございます。


<2021年1月26日追記>

Twitterで見た写真とは別だけど、廃牛の出身について書かれたブログを発見した。清里の北野印度会社のお隣りにあった「ペガサス&ミルキーハウス」というお店がふるさとだった模様。

タイトルとURLをコピーしました