光る新居。

この記事は約3分で読めます。

NTT東日本のBフレッツに申し込み。
開通は2月の下旬になる予定。
今回の申し込みはハイパーファミリータイプに
ひかり電話も一緒に申し込んで5,700円(税別)/月なんだけど、
プロバイダーはOCNじゃないから5,200円(税別)/月ということか?

気をつけないといけないのはひかり電話についての説明が(事前に)無いこと。
・時報(117)につながらない
・話し中調べ(114)につながらない
・ナビダイヤルにつながらない
・停電時に使えない
ほかにもあるだろうけど、
要するに通常回線を休止にする事による不具合があるから
申し込む人はその辺りを慎重に確認した方がいいと思う。
同番移行でも通常回線は休止にできるとのことで
将来的には廃止になるだろうけど加入権は放棄しなくてもOK。
ひかり電話に移行するにあたって、NTTの局内工事料金がかかる。
基本工事費:1,000円
交換機等工事費:1,000円
同番移行工事費:2,000円(同番移行の場合のみ)
利用休止工事費:1,000円
合計:5,000円!

毎月の金額的な事をここでハッキリさせておこうかな。
現状NTTに毎月支払っているのが以下の通り。
——————————–
回線使用料(基本料)            1,600円
@ビリング割引                    -100円
ナンバーディスプレイ                  400円
フレッツAモア                             2,700円
ADSLモデム使用料                    440円
ADSLスプリッタ使用料                  50円
マイラインプラスセット割引       -270円
——————————–
合計                                            4,820円(税込5,061円)

これがBフレッツ+ひかり電話で5,200円(税別)/月に
ナンバーディスプレイの400円で5,600円(税込5,880円)/月になる?
NTT関連では819円(税込)/月アップ。

プロバイダーはADSLプランで1,200円(税込)/月が
Bフレッツプランに切り替えで1,700円(税込)/月になる。
この差額500円とNTTの差額819円を合計した1,319円(税込)/月、
年間15,828円(税込)のアップ。

計算合ってる?(笑)

  1. レンタロウ より:

    大変参考になります。光でできないことって結構ポイントになったりもしますね。
    119や110はOKなのかな?
    あと停電時に使えなくなるのはちょっと不安ですね。そんな状況の時って携帯繋が
    らなくなる可能性大だし。(^_^;

  2. ポケット より:

    110や119は大丈夫みたいですよ。
    Bフレッツそのものよりも、ひかり電話の方がポイントというか、
    一緒に申し込まないとお得感があんまりないですよね。
    ちゃんと説明しないと言うことは、
    説明したら申し込まない人が多いってことかもしれません。
    料金体系も今後光ファイバーを使ったIP電話に
    他の業者が参入してもダメージが少なくなるような感じなのと、
    同番移行っていういちばん申し込みが多そうな手続きが2,000円という辺り、
    さらにひかり電話同士の通話が無料でないところとか、
    "うまくできてるなぁ"という気がします(笑)
    停電時はルーターが止まるからダメなんだろうけど、
    実はぼくはあんまり気にしていません。
    ひかり電話はNTTのIP網を通るみたいなので、
    契約してるプロバイダーがダウンしてても大丈夫らしいです。

  3. レンタロウ より:

    IP電話なのにひかり電話同士の通話が無料でないんだ。まぁ当然と言えば当然か。(^_^;
    工事費etcが無料になるのが今月一杯の申し込みなので、やるなら早急に検討せ
    ねば…。

  4. ポケット より:

    あー、無料キャンペーンは今月いっぱいなんですか。
    申し込むだけ申し込んでおいて、
    2月に工事等々の電話が来るまでに
    どうするか決めておくとか(笑)

タイトルとURLをコピーしました