電気流しすぎ。

この記事は約2分で読めます。
佐藤奈々子 – Pillow Talk (1978) FULL ALBUM

いやー毎日毎日毎日暑くて、灼熱の会社で集中力を使い果たして帰ってくると、もうブログを更新する気力が残っていないのと、暑さで週末もどこにも出かけていないから、しばらくはブログの更新頻度が下がらざるを得ない状況。そんな中で、渋谷系囁きヴォイスの始祖と言われている「佐藤奈々子」の佐藤奈々子名義のアルバム4枚全部を揃えて、風のある涼しい夜に聴いているところ。

よく見ると青い光も出てる

佐藤奈々子は真空管でしょーってことで、ここ1ヶ月ちょっとはアンプをユニゾンリサーチのSimply Italyに切り替えていたんだけども、台風一過の日曜日にふと気がついてみると、KT77のプレート(外から見える四角い黒い部分)が赤熱しているではありませんか! ここは飛んでくる電子を受けるところで、本来赤くなってはいけない部分。真空管に電気が流れすぎている? 最近はATOLLのIN100seの方が音がいいような気がしてたのはこれが原因?

これはさすがに異常事態

気を取り直して、最初に付いてきた純正のEL34に差し替えてみたところ、電子がガラスに当たって出る青い光があふれ出る。Simply Italyは真空管に流す電気の量を自動的に調整してくれるオートバイアス回路搭載だと思ってたけど、調べてみたら「イオニックバイアス」とか書いてあって謎。なんにしても故障だから、購入店に連絡を入れて修理に旅立った。窓開放で大音量出してなかったのが不幸中の幸い? KT77に差し替えたのが原因かどうかも問い合わせつつ、今後は純正(と同等品)のEL34しか使わないことにする(つもり)。

タイトルとURLをコピーしました