常識的な範疇。

これがウワサの…
これがウワサの…

やたらめったら辛いものづいている最近でございますが、先週末に「蒙古タンメン中本」のカップラーメンを食べたので、その件について記録を残しておこうかと。ノーマルなやつと、ノーマル+チーズと、もうひとつ「北極ラーメン」という激辛方面の3種類をゲットいたしました。

カラフル!
カラフル!

セブンイレブンでしか売ってないと思ったら、セブンプレミアムというセブンイレブンの商品でございました。普通のカップラーメンよりは若干大きめで、カップヌードルのBIGなやつと同じくらいのサイズ。3種類とも後入れの辛いオイル付き。

あんまり赤くない
あんまり赤くない

まずはノーマルな「蒙古タンメン中本」から。あんまり赤くない。この白い四角いやつはなんだろう? 蒙古タンメン中本に行ったことがないから、オリジナルがどんなのかわからない。

赤と白のコントラスト
赤と白のコントラスト

お湯を入れたら、これもちょっと長めに5分待つ。辛味オイルを入れたらめでたく完成。唐辛子の刺激臭みたいなものはなく、ちょっとどんな感じなのか想像がつかない。

麺の量はそんなにないかも
麺の量はそんなにないかも

5分待つ理由はこの麺の太さにある気がする。四角いやつはなんと豆腐でございました。もう完全に豆腐で、最近のフリーズドライ技術にびっくり仰天。肝心の味は、辛さは思っていたほどでもなく、辛さに慣れてくるとじんわりと旨味が湧き上がってくる系。これはあとを引くわー。

実質もやしのみ?
実質もやしのみ?

日を改めて、ふたりで残りの2種類に挑戦する。辛さの極地だという「北極ラーメン」の中は真っ赤。具材はもやしらしきものしか見えないねー。

あれがチーズ
あれがチーズ

もうひとつは「チーズの一撃」。ノーマルなやつにも入っていた豆腐に、小さい四角がチーズだねー。

両方で800cc
両方で800cc

両方共お湯を入れて5分待つ。チーズのやつはフタがきれいに開けられなくてアレ。

お、おぅ
お、おぅ

完成! 「北極ラーメン」はペヤングの激辛みたいな辛さを想像していたら、唐辛子の旨味をしっかりと感じられるバランスで、激辛だけがウリではない本格派。大変おいしゅうございました。

チーズは溶ける
チーズは溶ける

「チーズの一撃」は本当にノーマル+チーズなんだけど、ガツンとしたコクがあって3種類の中ではいちばん好きかもしれない。ただ「限定」って書いてあるのが気になるというか、このシリーズっていつまで売るのかな? 縁があれば実際にお店に行って食べてみたいねぇ。