純正に戻る。

この記事は約2分で読めます。

前回のラブホテルの廃墟の写真のアウトテイクを載せつつ、カメラや周辺のお話など。ここのところずっと、AdobeのLightroomでいわゆるRAW現像をしてきたんだけど、慣れてくるとどうしてもやりすぎてしまって「CGかよ!」みたいな仕上がりになるのが気になっていたわけで。そこで、オリンパスのOlympus WorkspaceでRAW現像をしてみたら、純正のソフトだってことも相まって、 動作がちょっと遅いところを除けば案外いい感じかもしれないと思った。前回と今回の写真はOlympus WorkspaceでRAW現像~JPEGで出力したもの。

後からRAW現像することを考えて、白飛びしないようにアンダー目に撮るみたいなクセが付いてしまった結果、本来の明るさ(暗さ)を無視した写真になってしまうことも多い。そういった反省に立って、ホテル・ラ・セゾンではスポット測光で露出を決めて、RAW現像でできる限り露出をいじらないように心がけた。

Olympus Workspaceのいいところは、カメラ内で生成されるJPEGと100%同じものをPCで出力できること。これができてるメーカーがは案外少ないかもしれない。そして、Olympus Workspaceでできることは(すべてではないけれど)カメラ側でもできるから、今回のRAW現像のパラメーターをできる限りカメラ側に移してみた。これがうまく行ったらRAW現像をやめようと思う。RAW現像は写真の個性や臨場感を奪うような気がする。

カメラもなー、オリンパスの純正アプリでRAW現像するとかそのままJPEGを使うなら、画像エンジンの新しいE-M1 MarkIII欲しいなーと思うんだけど、今のE-M5 MarkIIで特に困っていないのと、使用頻度からすると壊れるまでは続投かな。カメラが変わっても撮れる写真は変わらないという大前提を肝に銘じておきたい。

タイトルとURLをコピーしました