帰りは違う道で。

この記事は約2分で読めます。

県境付近

防犯カメラはいつの間にかなくなっていた

井戸尻遺跡で睡蓮の写真を撮った帰りは、来るときとは違う道で。せっかくここまで来たから、前々から撮ろうと思いつつもなかなか機会がなかった「カーテル」の看板にごあいさつ。

で、「カーテル」って何?(笑)

90年代後半に早朝から静岡までサーフィンに行くというお友達についていった時に、これが赤く点灯しているのを見た記憶がある。写真でも赤の名残りが見える。

1匹ずつ

疾走!

看板を撮るためにクルマを止めたのはオートスナックふじみなんだけども、そこからカーテルの方向に向かって歩いていくと、猿の集団が道路を横断しているところに遭遇した。レンズを付け替えてる時間がなかったから標準ズームのトリミングで。

おわかりいただけただろうか?

こっち側では先に渡った猿が仲間の到着を待っている。こんなところに猿がいるんだねぇ。県境をまたいだ移動自粛が解除になったせいなのか、この先はノロノロ運転~渋滞で疲労度高。これからずっとこうなんだろうか?

株式会社ZUIKO

オリンパスのニュースリリースから

売却先のJIPというファンドは以前にソニーがVAIOを売却した先だから、オリンパスのカメラもVAIOみたいにうまく生き延びてくれるといいな。大きく期待しないようにして様子を見ることにしましょうか。5月に買ったばっかのカメラとその他のレンズのアフターサービスがなんとかなるのなら当面は問題はないけど、現状は精神面のダメージが若干大きめ。

タイトルとURLをコピーしました