平日の夜。

この記事は約2分で読めます。
おすすめを聞いたら「馬づくし」とのこと

最近にわかに伊那の街にハマりだしたお友達からお誘いをいただきまして、「焼肉 いたや」におじゃましてまいりました。確かお隣が板屋という精肉店だったと思った。面白いショーケースがあるはずだけど、シャッターが閉まっていて確認できず。というわけで、「馬づくし」をオーダーするわけですね? わかります。

焼肉もこれなのかな?
お帰りですか?

老舗らしく年季の入ったコンロや店内。カウンターには先客がいた気がした。仕事帰りにこういうところで一杯なんていう人生もいいのかもしれない。が、せっかちだから多分ダメだな(笑)

赤身100%

瓶ビールをひっかけながら、まずは馬刺しから。ぼくは結婚するまで馬肉を食べたことがなかった関係で、食べられるのとダメなのがあるのよさ。これはねっとりと絡みつく赤身が大変おいしゅうございました。全く臭みがないのが驚きだわ。

食べやすい

ひきつづき「おたぐり」などを。要するに馬モツの煮込み。Twitterのオフ会で巡り合うまで存在を知らなかった。これもクセがなくてシャキシャキとプリプリの間くらいの食感も非常にうまい。店によっては臭みを消すためにカラシをつけるところもあって、そういうのはあんまりたくさんは食べられないね。

プロの監修のもとでオペレーションしています

馬すきでございます。あんまり火を通しすぎない感じでいただきマンモス。脂もあることにはあるけど、基本的には肉のうまさでしょうかねー。アッサリした味わいでございます。ここにうどんを入れて最後までおいしく。

乗り物酔いと酒酔いでピントがアレ

並行して馬ステーキ。これがまた絶妙な加減といいますか、スッキリとした牛肉というとまた違うけど、スパイシーなソースですき焼きとはまた違う良さがありますな。

手前の「安兵衛」もいいらしい、ぞぉ

他にもソースカツ丼が良いという話を小耳にはさんで後ろ髪をひかれつつ、次のお店に向けて移動開始。平日とはいえ、伊那の夜は(こっちに比べて)賑やか。

iPhoneのライトで照らしています
営業時は湿度高めの予感

ご当地アイドル的な人がママをやっている「スナック成美」というお店に来てみたところ、営業日が木金土日だから水曜日の今日はやってないのでありました。どっちみち成美ママは妊娠中でお店には出ていないらしいけども。

突き当たりが「伊那ステーションホテル」の廃墟

というわけで、伊那の街にはどんな店があるのか偵察するために夜のお散歩に予定変更。大した写真はないけども、その辺は次回以降で。


タイトルとURLをコピーしました