3本立て。

この記事は約2分で読めます。
オーディオテクニカから表彰されてもいいと思う(笑)

モノラルカートリッジやSP針と一緒に「カートリッジケース」を買いました。レコードプレーヤーを買ったばかりのころにカートリッジを貸してもらったことがあって、それでカートリッジケース(カートリッジキーパー)の存在を知ったんだけどその時はすでに売ってなくて、最近また出てることは出てるけど5,000円オーバーのものばかりだったから導入は見送っていた。

ロゴ入り

そしてモノラルカートリッジについて調べていたらオーディオテクニカから「AT6003R」というのが実売2,650円で出ていることを知って、待ってました!とばかりにオーダーした次第。もうひとつPHONOPHILEというところから「PP-A03」っていうのが出てて、同じものかと思ったら違うみたい。こっちはヨドバシで売ってないんだよねー。

樹脂の弾性のみで保持するタイプ
完成図

カートリッジを貸してもらった時のやつはカートリッジを差し込んでまわすと抜けないようにロックされた気がした。AT6003Rはその辺の凝った仕組みは一切なし。でも逆さにしてもカートリッジが抜けない程度のキツさはある。上のカプセルも載せるだけだから、屋外への持ち出しは想定してない感じだね。裏側にはゴム足というのか滑り止めも付いていて、置いた時のしっとり感が良い。

斜めに挿さる
指かけに合わせてかぶせる

手持ちのカートリッジを並べてみる。実際には1本はレコードプレーヤーにつけっぱなしになるから、もう1本増えても大丈夫。でも流石にこれ以上は増えないかなー。針カバーを付けつつも、特にVMカートリッジはカプセルをかぶせる時に気をつけないと針を折るかもしれない。

ねじり方が逆だなー

オーディオテクニカのVMカートリッジは交換針に互換性があるからそこそこリーズナブルでお手軽に色々試せて面白いんだけど、外した針をどこにどうやって保存しておけばいいのか…交換針キーパーも(お安く)販売していただきたい(笑)

タイトルとURLをコピーしました